キモノの種類

  • HOMEへ戻る
  • お問い合わせへ
  • プライバシーポリシーへ
  • サイトマップへ

HOME > キモノのいろは > キモノの種類

キモノの種類

ambience_arrow01_RE.png 黒留袖 Tomesode

■黒留袖とは
黒留袖は祝儀のためのフォーマルのきものです。黒地のきものの背中心、両棟、両外袖の5か所に家紋を染め抜き、裾に模様を描いたきものです。

■着用するシーン
現代では、黒留袖は結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親仲人夫人、そして親族の既婚女性が着用します。

■黒留袖の文様
黒留袖の文様は裾だけにありますが、縫い目で模様が途切れない絵羽模様になっています。 この模様は、染や箔・刺繍を用いた吉祥文様や有職文様、正倉院文様などです。品格ある黒留袖 堂本イラスト.gif文様の中から、着る人の年代や個性によって、華やかさ、優雅さ、重厚さをポイントにして選びます。
色づかいが地味で文様が小さめ、位置が低めのものほど年配者向になります。

■コーディネート
☆結婚式など大切な日の礼装では、特に帯を重視したいもの。金、銀、白地
 の錦織や唐織の袋帯で、文様は黒留袖との調和を考えて合わせます。

☆帯揚げ、帯締めの色は白、または白金銀で統一。

☆半衿、長襦袢は必ず白を用いる。

☆バッグと草履は綿などの布製のものが一般的です。

☆末広(扇子)も礼装では忘れてはなりません。黒留袖には黒骨(木の部分
 が黒塗り)で、金銀地紙の末広を持ちます。

ambience_arrow01_RE.png 色留袖 omesode

■色留袖とは
五つ紋つき色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性も着られるお祝い用の第一礼装です。
■着用するシーン
結婚式や披露宴では慣例的に新郎新婦の母親や仲人夫人は黒留袖を着ますが、親族の女性は色留袖を着ることも多いです。主賓や来賓の女性の場合は、色留袖がもっとも例を尽くした装いとなります。色留袖は三つ紋や一つ紋にすると準礼装になり、結婚披露宴だけの出席、格式ある茶会やパーティーなど装う場所が広がります。特別な場合ですが、叙勲式には染抜き日向五つ紋を、園遊会なら三つ紋や一つ紋でよいでしょう。叙勲の装いの詳しい情報はこちら
色留袖.gif
■文様
色留袖の文様は、黒留袖と同様の格式ある文様だけでなく、格式よりも優美さや華やかさにポイントを置いた訪問着のような文様も多くみられます。色留袖は着用範囲の広いきものですが、色留袖を着る場のうちで、自分がもっとも着る機会の多い場所を想定して文様を選び、紋の数を決めるのがよいです。

■コーディネート
五つ紋つき色留袖のコーディネートは黒留袖に準じます。三つ紋付きや一つ紋付きなら、伊達衿、帯揚げ、帯締めに白のほか上品な淡色を使い、草履は台が高く鼻緒と台が同色の、金や白、淡色のエナメルなどを合わせます。


ambience_arrow01_RE.png 訪問着 houmongi

訪問着.gif■訪問着とは
訪問着は色留袖の次にフォーマルで、おしゃれの要素を併せ持った準礼装のきものです。
英語のビジティングドレスと同格のきものとして明治時代に「訪問服」と名付けられたのが訪問着です。
公式な訪問用、社交着でしたので、昔は三つ紋をつけました。
現在ではさらに略化して、一つ紋を付けることもありますが、ほぼ全て紋を省略して仕立て、披露宴パーティー見合い結納茶会などに未婚・既婚問わず着られるきものです。
■訪問着のコーディネート
訪問着に合わせる帯は、留袖同様、袋帯を用います。
クラシックなきものには古典文様の帯を、現代調のきものの場合はきものの邪魔をしない帯を選ぶとよいでしょう。

袖口や振りから見える長襦袢は意外と目立ちます。白地や薄い色の訪問着は長襦袢の色が映らないように、きものより薄い色の長襦袢を合わせるのが一般的です。淡いピンクや水色、藤色などの綸子のぼかしか無地が合わせやすいでしょう。
帯揚げはぼかしや絞りのあわい色の上品なもの、帯締めも薄色に金糸などを使った平組(平打ち)のものがよく合います。


ambience_arrow01_RE.png 附下 tsukesage

附下
附け下げは訪問着を簡略化した、訪問着より気軽で小紋より格の高い染のきものです。

附け下げの特徴は、左右の身頃や肩から袖にかけて文様がつながっていないことです。附け下げとは、華美な訪問着が禁止された戦時下に考案された模様づけの方法、またはそのきもののことで、訪問着のように絵羽模様を描かずに、着た状態で模様が全て上に向くように描かれたものです。その後、大変人気が出たために、上前[うわまえ]の衽[おくみ]と前身頃の縫い目で模様がつながるように改善され、附け下げ訪問着と呼ばれる華やかな附け下げもできました。このように、附け下げには洒落た絵柄がポイントの箇所だけにあるものや華やかな模様のものもあり、人気のあるきものです。
着ていける場所が披露宴のお呼ばれやパーティーなど附下.gif訪問着と変わらず、洋服のシンプルなセンスに慣れた方にも親しみやすく、茶席の詫びた空間にもよく合うこと、などがあげられます。

附け下げは基本的には巻いた反物の形で呉服店の店頭に並べられますが、きものになったときの雰囲気がわかるように仮絵羽仕立てになっている場合もあります。

■附け下げのコーディネート
帯は、附け下げ模様の軽重や着ていく場所によって袋帯か織り名古屋帯を選びます。また、控え目な柄の附け下げには染め名古屋帯も似合います。帯揚げや帯締めは、改まったときに着るなら金銀が少し入ったものを、さりげなく着るなら金銀の入らないものを選びましょう。

ambience_arrow01_RE.png 色無地 iromuji

■色無地
色無地は多彩な模様染めとは違い、用途によって着分ける利用範囲の広い一色染のきものです。
人生の節目となる大切な時期にまとわれてきたのが無地染のきものです。

たとえば花嫁の白無垢、還暦の紅衣装、喪服の黒無地、またかつての女学生の卒業式には五つ紋の黒無地か色無地に袴が式服でした。現代でも卒入学式、七五三などに付き添う母親には一つ紋の色無地が便利ですし、茶席でも一つ紋の色無地を着ることが多く、茶人にとっても色無地は欠かせないきものです。

色無地.gif■紋
色無地に五つ紋をつけると非常に改まった式服になり、三つ紋をつけると無紋の訪問着より格が上の準礼装になります。一つ紋の色無地は一つ紋の訪問着より略式になりますが、色無地には訪問着とはまた違った控えめな品格があります。さらに、色無地は紋のお洒落が映えるきものです。染抜き紋や略式の縫い紋で家紋を表現することが一般的ですが、華やかな刺繍や友禅染などをおくと、きれいに紋が映えて、品格と華やかさを備えたお洒落が楽しめます

■色無地のコーディネート
一枚のきものが帯や小物で見違えるほど印象が変わるのも色無地の特徴です。五つ紋や三つ紋の色無地は色留袖に準じて、一つ紋の色無地は訪問着や附け下げに準じて帯や、小物を合わせます。

ambience_arrow01_RE.png 黒喪服・色喪服  kuromofuku・iromofuku

■喪服
一生のうちに何度か着ることになる喪服。急に必要になるものですから、いざというときにあわてないよう、用意しておきましょう。

■装い
葬儀や告別式の喪主、家族、参列者は、黒喪服に黒喪帯という装いで悲しみの第一礼装とします。法事や偲ぶ会では、喪にふさわしい色無地や江戸小紋を喪の略礼装として着ますが、これを色喪服と言います。喪服の格は、きものだけでなく帯の色の組み合わせで決まります。黒喪服と黒喪帯、黒喪服と色喪帯、色喪服と黒喪帯、色喪服と色喪帯の順に略式になります。地方によって違いますが、親族は三回忌まで黒喪服を着、それ以降は色喪服を着ることが多いようです。

■黒喪服と黒喪帯
袷の黒喪服は、縮緬か羽二重が一般的です。これに黒留袖同様、染抜き日向五つ紋をつけて、喪服 堂本イラスト.gif喪の第一礼装とします。黒喪帯は繻子[しゅす]や緞子[どんす]、綸子[りんず]などの名古屋帯か袋帯で、地紋は菊や唐草、梵字、家紋などが一般的です。また、一本の帯の表裏を冬用と夏用に仕立てた京袋帯もあります。

■色喪服と色喪帯
色喪服には、茶、灰、藍、紫、臙脂など地味な色を用います。生地は光沢のある綸子や羽二重を避けて、縮緬など光沢のないものを選びます。色無地の場合は、地紋のない一越縮緬や古代縮緬が無難ですが、地紋がある紋意匠縮緬の場合は吉祥文様を避け、流水や雲、網代[あじろ]などの文様を選びます。江戸小紋なら、極型(もっとも細かい文様)の鮫小紋や霰[あられ]などの文様を選びます。色喪帯は色喪服同様、地味な色の袋帯や織り名古屋帯のほか、染め名古屋帯もあります。地紋や染め文様には、経文や蓮の花などが配されています。

■小物
喪が薄くなると、小物も黒ではなく地味な色を選びます。半衿と長襦袢、足袋は白です。白い長襦袢を慶事用にも使いたいときは流水や雲などの地紋を選びます。

ambience_arrow01_RE.png 小紋 komon

■小紋
きものの魅力に気づき、ちょっとしたお出かけにきものを着たいという人にとって、小紋はとても便利なきものです。繰り返し文様の型染め(手書きもあります)のきものを小紋と言い、洋服でいえばシルクプリント柄ワンピースのような存在。訪問着や附け下げを着ていくほどではないけれど、ちょっとお洒落をしたいときに重宝するきものです。たとえば、観劇、クラス会、休日の外出、月釜の茶会、軽いパーティーなど、小紋を着て出かける機会はたくさんあります。

小紋.gif
■着こなし
小紋は帯や小物のコーディネートで様々な着こなしが楽しめます。伝統的な組み合わせでは「染のきものに織りの帯」と言われましたが、最近は小紋に染め帯で季節感を出して、やわらかく装うことも多くなりました。

軽いパーティーやお正月のあいさつ回りなどには袋帯や伝統文様の織り名古屋帯を合わせると改まった雰囲気になりますし、観劇や食事会などおしゃれに着こなしたいときは染め名古屋帯を合わせてみましょう。普段用の小紋なら紬の袋名古屋帯(八寸帯)を合わせるとカジュアルな雰囲気になります。

帯揚げや帯締めの色は、帯に合わせて選びますが、よそ行き用にはあわい色を、カジュアルに着るなら濃いめの色を用いたり、また、春先には明るい色、秋冬には濃いめの色で、季節感を表現したりします。その他の小物も、小紋の雰囲気やTPOに合わせて選び、おしゃれをたのしみます。

ambience_arrow01_RE.png 紬 tsumugi

■紬
「紬を着こなしてこそ、きもの好き」といわれるように、紬は着る人の個性をよく表現するおしゃれきものです。

■先染め
紬は普通、糸の状態で染めてから反物におる「先染め」きものです。つまり、紬の模様は訪問着や小紋のように白生地に模様を染めたものではなく、色糸で織られた織柄です。

しかし、中には紬糸を染めずに反物におってから模様を染めた「後染め」の紬もあります。また最近は、織柄の紬(先染めの紬)でも絵羽模様のものが製作されています。

かつて紬の多くは養蚕農家が商品化出来ない繭糸を使って織ったことから、長い間、普段着とされてきました。しかし現在はその伝統技術が高く評価され、後染めの紬や訪問着形態の先染め紬も生産されるようになって、紬は普段着から洒落着、さらに社交着という広がりのあるきものになりました。

■色々な紬
全国各地で生産される紬は、普通、産地の名をつけてよばれます。紬糸とは真綿(元来は糸にできないくず繭を原料に綿状にしたもの)を紡いで糸にしたもので、結城紬をはじめ多くの紬がこの紬糸を使います。しかし、なかには大島紬や黄八丈のように絹糸で織られていても、先染めなので紬と呼ばれる織物もあります。
手紬糸を植物染料で染め、手機で織った紬は高級な洒落着や贅沢な普段着に、機械で紡いで織った紬はカジュアルな普段着によいでしょう

■コーディネート
帯は染め名古屋帯か金銀の入らない(フォーマル調になるため)織りの袋名古屋帯(八寸帯)を合わせます。染帯を合わせるとやわらかな雰囲気になります。紬帯や博多帯の袋名古屋帯はカジュアルになります。ときには帯を替えておしゃれを楽しみましょう。
帯締めや帯揚げは、帯の反対色や全体を引き締める色を選びます。半衿と足袋は白が一般的ですが、ときに色ものや柄もので個性的な装いをしてもおしゃれです。

引用文献
きものの基本と着こなし
新版 きものに強くなる
㈱世界文化社 2001年

アートディレクション Chisa Domoto